介護付き有料老人ホーム  新生館

電話
業務案内
アクセス
入居の申し込み
高齢者の特徴

めまい、ふらつき

めまいとは、通常は平衡機能の異常により生じ、特に不快な感覚を伴うものをいいます。回転感、眼前暗黒感、浮動感などの感覚が含まれ、その原因も感覚ごとに異なります。自分自身や自分の周囲がぐるぐると回っている感じや、体がふらふらする感じなどが体感されます。高齢者では、回転性めまいである良性発作性頭位めまい症が多くみられます。めまいのなかには脳血障害や心疾患などの重大な疾患が隠されていることもあり注意が必要です。特に高齢者の頑固なめまい感は、脳の動脈硬化による循環不全の徴候である場合があります。

回転性めまいは、目の前がぐるぐるするもので、多くは内耳障害により起こります。メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎などがあります。メニエール病では、めまいと共に一側性の難聴と耳鳴りを伴います。

眼前暗黒感は、眼の前が暗くなり、場合によっては失神するもので、原因・背景として起立性低血圧、低血糖、徐脈性不整脈があります。

浮動性めまい(非回転性めまい)は、目の前がふわふわするもので、原因・背景として抗不安薬、睡眠薬、筋弛緩薬などの薬剤の副作用、小脳疾患、パーキンソン病があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. 意識障害・せん妄

  2. 低栄養と食欲不振

  3. めまい、ふらつき

PAGE TOP